7/11 hate this! は hate me!

今日は月齢8.3です。

今日は、人でも、物でも、状況でも、これ嫌だ!と思う時のこと。

嫌なものは嫌は、とても強い感情です。

ですが、実は裏側には、結構深い事実があります。

その嫌でしょうがないこととは、自分の中にも同じ部分があるということです。

あの人のああいう部分がどうしても受け入れられない。

あの絵を見ただけでゾッとする。

あんな出来事に出会うなんて、絶対にあの場所には行かない。

こんな時、深い部分・潜在意識では何をしているのかというと、自分の中の同じ部分を拒否しています。

それは実際に本当に嫌なので拒絶するわけですが、その時には同時に自分の中にある一部分も拒絶しています。

同じ部分なんてないよ〜!と思うかもしれません。

しかし、他の人はそこまで嫌わない、あなただけが毛嫌いしてしまうのだとしたら、あなたの中にも強い感情を起こしてしまう何かがある。そう考えられそうです。

私も最近、マーカーで書き込みだらけの本を見て、何だか気持ちが悪い。気味が悪いと嫌悪感でいっぱいになったことがありました。

しかし、見方によっては、本に書き込みがいっぱいだなんて勉強熱心な人だ、素晴らしいな、ともとれるわけです。

私は、少しの好奇心を持って、自分の内面を見てみました。そうしたらここ最近、ある人物を気持ちが悪い、気味が悪いと思ったことを思い出しました。そして、そんなばかな〜!とは思いましたが、自分の中に、自分でも認めたくないですが、その気持ちが悪いと思う部分があったんです。その人物と同じ部分が・・・・。ワオ〜!

そして、こんなことは、あなたが自分の人生を歩き出す時に、現れるかもしれません。

あなたがその部分と和解し、どうしても受け入れられなかったものを受け入れられるようになった時、あなたは自分の人生を歩んでいける。そんなもののようです。

他にも例えば、グループの中で最も嫌いだと思う人っていますよね。あまり関心が持てないのではなく、嫌だなあと思う人。

そういう場合にも、その場所であなたが花開くきっかけとなる最重要人物は、その人だったりします。

これって、仏教でもキリスト教でも、確かキング牧師も言っている、『汝の敵を愛せ』です。

この言葉の裏側には、人として成長できるだけではなく実際にとてもいいことがある。ということになりますかね〜★

良い一日を★

ご感想やお気づきのことなどコメントしてくださいね♪