7/4 神様と絶交した記憶

プレアデス

人の霊的な成長の過程で、いつか自分の人生に絶望した時があるとGODは言っています。

絶望したときとは、神への信頼を失った時だそうです。

あなたが絶望したのはいつでしたか?

何だかとっても軽く聞いていますが、そんなことは、軽く話すものだそうです。

自分の人生を重く捉えるのはやめましょうとGODは話してくれます。あなたに今、話しかけています。

まるで天使のようにあなた自身を軽く考えてほしいそうなのです。

軽くとは、決してあなたの価値が軽いことではないということです。

不思議なものなのですが、自分を軽く捉えることができればできるほど、自分の価値をより多く感じることができるのだと話してくれています。あなたに、今・・・・

そして、絶望の裏側にある希望・光が見つけられた時、それが起こるのだよ、そう言っています。

月齢1.3

ご感想やお気づきのことなどコメントしてくださいね♪